きながに・・・MASAKI's模型

ガンプラメインに色んなプラモをのんびり作っていくのを不定期で公開します。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉しぼり展示会とサンダーボルト版ジム

Category: サンダーボルトジム  
いよいよ一週間後に迫ってきました千葉しぼり展示会!

前回の記事でビッグガンのジオラマを展示するとお伝えしましたが
展示スペースの関係上今回は見送ることになりました。
楽しみにしていた方には申し訳ないのですが、ビッグガンのジオラマはトライアングルの展示会にて展示しますね。

という事で千葉しぼりの展示はこの2つで参加します。
01.jpg
DSC_0872.jpg









で、今まであまり新作の更新してませんでしたが実はサンダーボルトジムを使ったジオラマを制作していました。
本当はこの秋から年末にかけて行われる予定だったある展示会用にと、ある程度秘密で進めていたのですが
いろんな事情で開催日未定となってしまった為、公開してもいい事になってしまいましたので製作過程を公開していきます!


サンボルジムといえばこれ。
ちょっと原作よりサイズは小さいけどそのままだとかなり大きくなるのでNゲージ用のジオコレから使用しました。
s-IMG_8160.jpg

塗装はクロサフ→ヘアスプレー→オキサイドレッド→ヘアスプレー→グリーンで塗装を剥がしその後ウォッシングとチッピングや傷をリューターやヤスリなどでつけていってます。
s-IMG_8165.jpg

本体はというと大きな改修はせずにストレート組み。
足のバーニアとランドセルのバーニア内にメタルパーツの汎用ソケットを入れランドセルのバーニアはリューターで厚みを薄くしています。基本塗装は説明書に近い感じの色味に適当に調色。黄色部分はゴールドにしてみました。
この画像は汚しいれる前です。
s-IMG_8169.jpg


リューターやヤスリでチッピング入れた後にウォッシング(左側のみ)
全体に平坦だった面に情報量が増えます。
s-IMG_8313.jpg

同様に他のパーツもウォッシングしていきました。
s-IMG_8314.jpg

両足汚し終わった状態。
s-IMG_8315.jpg

盾はこんな感じに。
s-IMG_8316.jpg

全体組んでみるとこんな感じになりました。
s-IMG_8319.jpg

ちょっとアップで。
s-IMG_8321.jpg

本来ならコレでジムは完成といいたいところですが、、、



これらを使い
s-IMG_8337.jpg


こんな風になっちゃいました!!><
溶けた部分はスーパーアイアンを筆塗りしてあります。
s-IMG_8342.jpg

その上から蛍光レッドを広い範囲に塗りその内側に蛍光オレンジさらに内側に蛍光イエローをエアブラシで吹いていき
グラデーションにしました。
s-IMG_8349.jpg

盾もドロドロ状態に。
この後表面をつや消しブラックでドライブラシして表面の金属が冷えてきている感じを出していますが、
写真がなかった><
s-IMG_8343.jpg




このままだとちょっと弱いのですがコレにブラックライトを当てると。。。


こうなります。
s-IMG_8353.jpg

盾はこう。
s-IMG_8352.jpg

でどんなシーンにするのかというと、このシーン!
見事にビッグガンで打ち抜かれて爆発しているシーンです。
s-IMG_8341.jpg

という事で今回の記事ではここまで。
次回は火球の制作方法とその他ベースまで書きたいと思います。

25日会場でお会いできるのを楽しみにしています。


展示会のお知らせ

Category: OFF会など  
ほんとに最近記事書かなくなってしまい申し訳ないのですがお知らせです!

10月25日(土)開催の「第1回千葉しぼり展示会」にゲストとして参加させて頂くことになりました!
詳細はこちらへ
http://shiborievent.blog.fc2.com/

n兄さんから打診があった際には「展示会やるから作品持ってきてね。」という感じで軽い感じの話でしたが・・・

そこは天下の「千葉しぼり」。

告知されてみて知ったのですが、参加コラボアーティストという事で告知されている上に
ほかのゲストの方々が模型業界では超が付く位の著名人ばかり・・・・^^;
現在告知されているゲストの方々は
  WR荒川直人さん
  NAOKIさん
  どろぼうひげさん
  あにさん
  DAITENさん
  ハタさん
  濱薫さん
  POOH熊谷さん
  ぷらもぱぱさん
  たいすけさん
あと私。
現在他の方も参加予定に入っているようですが・・・
皆さんライターさんや原型師さんやオラザクなどで受賞している方ばかり><

言うまでもなく千葉しぼりのメンバーの方は皆さん凄腕のモデラーさんばかりです!

物凄く光栄ではあるのですが、私なんかが並べてて誰?ってならないかすごく心配です。
あと私の作品で大丈夫なんだろうかとドキドキものです。

という事で私の展示作品は以下の4作品の中から3作品程度になりそうです。

「Nest of Viper」ガンダムサンダーボルトのビッグガンのジオラマ
現在Ver2.0状態なので写真とは異なりますがおそらくこれをメインに展示する予定です。
本当はコレ大きいので周りの邪魔になるんじゃないかと思って遠慮していたのですが
千葉しぼりのオフ会に参加させてもらって周りの人たちの話を聞くとコレを持ってくると思ってたと
いわれるのでそれならと思いメインに据える事にしました。
IMG_7494.jpg

後は以下の3つから展示スペースにあわせて調整する予定です。

「空爆の跡に -追うものと追われるもの-」RGガンダムとシャア専用ザクのジオラマです。
01.jpg

「Booby Trap」 ジェスタキャノンがガランシェールの爆発に巻き込まれているシーンのジオラマです。
1_メインカット

「少年の眼差し」 昨年のジオラマグランプリで入賞させて頂いた作品です。
DSC_0872.jpg








それともうひとつ。
私の所属サークル「トライアングル」も展示会を行います。
11/29-11/30の二日間でいつもの湘南台公民館の1Fギャラリースペースにて。
私は29日終日と30日午前中は参加しますが午後から用事があり帰る事になりそうです。
こちらはスケールモデル中心ですが、正統派の模型の凄い作品がそろいますのでぜひ見に来てください!
こちらはまた11月に告知させてもらいます。












で、今何作っているのかというと・・・・
IMG_8441.jpg
こんなシーンを制作中です。
(写真は制作途中の画像です)

マーシィドッグ塗装と塗装ブース

Category: 1/60 マーシィドッグ  
さてさて、ずいぶん昔に記事を書いた記憶が・・・・
次は塗装編と言っておいて書かずにすみませんでした><

随分立ちすぎてすっかり細かい事は忘れてしまっている状態ですがひとまずマーシィドッグ篇は完結させなくては・・・

と言う事でサフ状態のモノに黒サフ⇒スーパーアイアンを吹いた後基本色をラッカーで塗装しました。
IMG_7646.jpg

その後チッピングを入れてウォッシング。
IMG_7656.jpg

IMG_7662.jpg

その後アルコール落としを一度行いウォッシングをした後再度アルコール落としをやってみました。
IMG_7669.jpg

レンズと認識帯を筆塗りし、もう一度ウォッシング。
IMG_7671.jpg

大きさ比較。
IMG_7673.jpg

地面をマグネット用の金属プレートの上に石粉粘土を盛って制作。
土は使い捨てカイロの中身で草は鉄道模型用のパウダーなど。
IMG_7687.jpg

土台になる木片はホームセンターで買ってきたものにスプレータイプのニスを5回ほど塗り重ねて研ぎだしたものです。
縁の部分はわざと擦れたようにしておきました。
タイトルプレートはインクジェットの光沢紙に印刷し、0.2mmの透明プラ板を重ねて虫ピンで固定。
地面は木のベースにネオジムを埋め込んで脱着可能にしました。
IMG_7691.jpg

塗装はだいたいこんな感じです。
酒餅公開前ですが一枚だけあげておきます。
MASAKI1.jpg

これを作っている最中結構咳がひどく続いており塗装環境の改善のために今までの小さいFANではなく窓用換気扇を購入しそこに新たに塗装ブースを作っていました。

まずホームセンターや100均で写真の物とアルミテープと猫の爪研ぎを買って来ました!
DSC_0087.jpg

先程のバーベキュー用の金網を組合わせて箱を作ります!各網の接続は結束バンドです
BtFNkrHCcAA7HgH.jpg

その内側にPP製のまな板シート(2枚で100円)を内側に固定隙間はアルミテープで繋いでおきます。
PPのシートと金網の接続も結束バンドです。紙に穴をあけるパンチでPPシートに穴をあけると簡単です。
BtFQj46CUAE8X50.jpg

外側から見るとこんな感じ。
BtFQkB4CcAAigR.jpg

もう一枚の大きい金網に猫の爪とぎを組み合わせて張り付けます。
これは乱気流の起こる換気扇付近の空気の流れを一方向へ流すためにつけています。
その金網を片側で先ほどの箱状の金網の背面に取り付けます。
BtFR1lcCUAIncp.jpg

爪とぎを貼りつけた整流板?はまず片側だけ結束バンドで止めドアのように開くようにしておきます。
開くとこんな感じです。
BtFR1oLCEAAiWw.jpg

その開いた部分にレンジフード用換気扇フィルタを挟み込み扉を閉じてもう片側を結束バンドで閉じます。
こうすることで猫の爪とぎ部分の汚れを少しでも減らします。
フィルター交換の際は結束バンドをカットしてドアのように開けば簡単にフィルターが交換出来ます。
ただし交換する際は床に新聞紙など引いておかないとミストの粉で大変なことになるのでご注意を。
これで塗装ブースの本体は完成です。
BtFR1jPCEAAQ2.jpg

次に塗装ブース本体と換気扇をつなぐ部分を制作します。

そのまま換気扇の前においてもある程度吸ってくれると思うのですが、換気扇からの吹き替えしや
周りの隙間の部分から余分な空気が流れ込んで効率が悪いのでキッチリつながるようにしたいのです。
で、作ったのがコレ。
塗装ブースの本体側にはめ込んで換気扇側から見た状態です。
制作はホームセンターで買ってきた養生用のプラ段(プラスチックダンボール)200円です。
空気漏れが少なくなるようにこれもアルミテープで貼りつけて行き塗装ブース側と換気扇側の接続部分には
100均で買ってきた隙間テープ(細切りスポンジがテープのように貼りつけられるもの)を貼りつけ隙間風を
極力防いでいます。この形状を作るのが結構大変でした。
IMG_8044.jpg

接続部分をひっくり返して塗装ブース側から見た状態。
IMG_8045.jpg

窓用換気扇に取り付けるとこんな感じ。
ちなみに窓用換気扇は上下逆さまにしてありスイッチは常にオンの状態になっていますが、コンセントの先に電圧をコントロールして換気扇の回転数を変えられるものを付けているため本体のスイッチは使いません。
BteyPwHCMAALz.jpg

これがそのコントローラーです。上のボタンがON/OFFスイッチで下のスライダーが回転数調整用
BtpEuKWCQAIWKS.jpg

換気扇の高さに合わせるために下にダンボールで下駄をかませて取り付け完了です。
BtOkVzPCIAEmtN.jpg

かなり勢いよく空気を吸い出してくれるため今までなら一時間も塗装したら部屋の中がかなり臭かったのですが
これにしたら臭いはしますがかなり気にならなくなりました。
以前なら少しの塗装でもガスマスク必要なほど臭かったのが、少しの塗装ならほとんど臭いがしない感じです。

結局トータルすると安い市販の塗装ブースなら買えるくらいには製作費がかかっていますので
真似する人は自己責任でお願いします。
あと、換気扇の逆付けもメーカーは推奨してませんのでご注意を。

と言う事で自作塗装ブースのお話でした。


GHL掲載とマーシィドッグ

Category: 1/60 マーシィドッグ  
さて静岡ホビーショーも終わりちょっとだけ燃え尽き症候群でしたが皆さんは如何でしょうか?
またまた広告が出てしまいましたので近況報告など。

何とGHL005号(ガンダムホビーライフ)という雑誌の静岡ホビーショーの合同展示会レポートの記事に
私達が出展したプラギルドのブースが紹介されていました。しかもカラーページで!
私の作品の少年の眼差しとサンダーボルトのジオラマが!
IMG_7633.jpg

しかもサンダーボルトジオラマは取材に来られていたNAOKIさんと声優の五十嵐浩子さんのSELECTのマークが付いているではないですか!
このマークはそのサークルの展示でお二人が気になった作品に付いているようで嬉しかったです!
IMG_7634.jpg
もし店頭で見かけたら是非見て見てください。
その他の記事の内容も素晴らしいので興味のある方は購入ヨロシク!!



で、今まで全く何もしてなかったのかというとそんな事も無く、また夏に向けて行われる酒餅5というコンペ用の作品を制作していました!
去年も参加しましたが受賞ならず!
今回は特に受賞狙いという訳では無く月曜会のメンバーのDAITENさんが1/60のスコタコで参加表明されていたので
丁度家にあった1/60マーシィドッグで参加する事にしたのでした。

このキット1984年くらいにユニオンモデルから発売されていたキットをWAVEが再販したものです。
パッケージはこんな感じ。
IMG_7574.jpg

早速仮組後(写真撮り忘れました^^;)動かない足首や上腕、腰のアーマーなどを切り取り可動するように工作。
IMG_7581.jpg

股関節もボールジョイントで足を開くことができるようにしたり、銃を持つ指をエポパテで作り直したり、平手の指をリューターで削って指を分離させたりといろいろ工作しました。
IMG_7584.jpg

肩、胸、右足のフックや手すりなどは真鍮線に置き換えるために切り飛ばしてあります。
大体の関節の改造が終わった状態がこんな感じ。
IMG_7598.jpg

工作の合間にリューターのビットの付け替えや出し入れに時間を取られるのが面倒だったので、
その辺に転がっていた木片でビットスタンドを自作。
結構便利になりました!
IMG_7599.jpg

ココからはディテールの追加をしていきました。
白い部分がプラ材で追加したところ。肩のフックなどは真鍮線を使用しています。
肘関節の丸いモールドはハイキューパーツのステンレスシールを使用しています。
腰のサイドアーマーは真鍮パイプを使ってヒンジを制作してあります。
フロントのアーマーはアルミの薄い板を切って曲げたものでヒンジにしてあります。
IMG_7602.jpg

大きく感じるかもしれませんが実際にはこのサイズです^^;
IMG_7603.jpg

ある程度ディテールの完了したノーマル状態のマーシィです。
IMG_7606.jpg

両脇の下にロケットランチャーを装備させました。
取り外せるようにネオジム磁石を埋め込んであります。
頭部のアンテナはキットのままでは太いので真鍮線とスプリングで制作しました。
背後のタンクから脹脛へのパイプは金属パーツの蛇腹チェーンを使用しています。
蛇腹チェーンの付け根のあたりなどはWAVEのUバーニア フラットを使用。
IMG_7610.jpg

頭部のカメラの大きさが少し小さいのが気になっていたのでレンズガードを制作し追加しました。
これでレンズの大きさは違和感なくなりました。
IMG_7617.jpg

パーツをバラすとこんな感じのパーツ数になります。
IMG_7622.jpg



で、サフを吹いた状態がこちら。
IMG_7626.jpg

IMG_7627.jpg

IMG_7628.jpg

IMG_7629.jpg

今日のところはここまで。
次回は塗装編です。


静岡ホビーショー2014

Category: OFF会など  
静岡ホビーショーも終わりしばらくっ経っちゃいましたが一応ご報告まで。

今年は16日金曜の夜中(正確には17日の午前0時)にうちの近くの家で待ち合わせをして
DAITENさん、かずをさん、GREEDさんと私の4人で私の車で静岡に向かいました。
大人の遠足みたいで皆で移動するのって楽しいですよね!

0時過ぎに川崎を出発し途中日本平PAでニコ@ケロロさん達の車と合流。
まだ3時頃だったためPAのコンビニでみんなで1時間ほど雑談。

その後静岡市内に移動してマクドナルドへ!
あさ5時前だというのに店の中には結構な数の客が。
恐らく同じモデラーだなと分かる集団がいくつかありました。

6時半の搬入に合わせてツインメッセへ移動。
6時半から搬入開始!

3時間近くかかって全部の作品を展示!
一日目のプラギルドの展示はこうなりました!

私の作品は1日目は全開放モードでの展示。
周りの作品を隠さない方が良いかな?というのと瓦礫の壊れた面を見せたいなというスケベ心です^^;
IMG_7534.jpg

IMG_7536.jpg

IMG_7533.jpg

途中プラギルドの準備を抜け出してトライアングルへ行き作品を展示。
トライアングルの皆さん、今回は作品置くだけで設営や撤収の手伝いできず申し訳ありませんでした^^;

で、いつものように一般客の入場が15分ほど早まって開場!
最初の30分くらいは人が少な目かと思ったのですがその後は人の流れがほとんど途切れず
かなりの賑わいでした。
沢山の方がプラギルドの卓に来て頂きました。
ありがとうございました。

1日目の夜はプラギルドの打ち上げがありそこでみんなの積みプラを持ち寄ってのビンゴ大会!
私はMGのガンプラ1つ持って行き帰りはそれがコトブキヤのアヌビスになっていました。
ホントはイデプラとZ系のMSと旧キットザクとタミヤギアボックスだったのですが
GREEDさんが交換して下さいました~!
ありがとう!GREEDさん!きっと完成させるよ!

二日目は朝から配置換え!
この日も開場ギリギリまで展示の入れ替え作業してました。
二日目の展示はこんな感じに。
IMG_7538.jpg

私の作品はBOXモードへ変更。BOXの上も急遽展示台に。
1日目の昼は天窓からの光で電飾の光があまり見えなくなっていたのとn兄さんからの助言もあり変更したのです。
IMG_7539.jpg

作品をiPhoneで撮影したらこんな感じ。
IMG_7540.jpg
しかし普通のデジカメで撮影するには少し暗かったようで撮影に苦戦されている方を多く見かけました。
今後の展示方法は要検討です^^;

今回は人と会って話すのに忙しく結局は会場の半分程度しかまともに見る事が出来ませんでした><
写真も撮らずに肉眼でじっくり観察して作者さんが居ればお話しさせてもらってました。

あっという間に2日間の展示は終わり撤収
最後にプラギルドのみんなで記念撮影。
この時は気が付かなかったのですがバタピー(花畑さん)が他の卓を見に行ってたようで居なかったのでした><
IMG_7555.jpg

その後プラギルドメンバーとは解散しました。
IMG_7550.jpg

帰りに名古屋組の、あにさん、Takaさん、キラ☆キラさん、学屋さん、リりももさん、りょーたさんと合流して「さわやか」へ
さわやかとは名ばかりのガッツリ系のハンバーグ屋さんです。
私はげんこつ倶楽部セットというのを頼みました。
IMG_7551.jpg

店で席に着くまでに1時間ほどかかりその後食事で1時間ほど計2時間ほどあにさん達と会話できたのは楽しかったです!
店が東名高速のインターのそばだったため渋滞情報の看板が見えていて事故渋滞15Kmと出ていたのでゆっくりしていたのですが正解でした!
結局帰り道で渋滞自体は20~30分程度ですみ順調に帰宅しました。

ケロロさん達はそのまま帰って渋滞にぶつかり動かなかったため下道に移動してそこで2時間ほど足止めくらい
結局私達と変わらないくらいになってたようです。

最後に・・・

ホビーショーでのフリーマーケットでの戦利品はこちら。
IMG_7552.jpg

フリーマーケットで州平先生と話していたら近くに辻村さんが居るとのことで紹介して頂きました。
実際にプラ美の完成見本を手に取って見せて頂きましたがとても真似のできる物ではないと悟りました!
だって2mm角のスペースに筆で「風谷」って漢字で書いてあるんですよ・・・
しかも綺麗な字で!
でも良いもの見せて頂きました。

楽しかった静岡もあっという間に終わってしまいました!来年も参加できると良いな~

見に来て頂いた皆様ありがとうございました!!
来年も会いましょう!

今週末は静岡ホビーショーです。

Category: OFF会など  
お久しぶりです!

かなり長期間広告出してしまいすみません^^;

実は静岡ホビーショー用のジオラマを制作していたのと同時に仕事の方も忙しかったため
ブログまで書く気力が出ませんでした。

流石にホビーショーのお知らせをしない訳にはいきませんので、
少し手遅れになるかもしれませんが告知など。

今年は去年と違いトライアングルさんに入会したこともあり、
トライアングルさんの卓にも作品を置いてもらえることになっています。

トライアングルさんの卓番号は130番です。
ここに置いてもらう予定の作品はこちら。
DZ4.jpg
奇襲です。



そして今年はもう一か所展示させてもらえることになりました。
ニコ@ケロロさんが代表を務めるプラギルドさんの卓です。
プラギルドさんの卓番号は18番

プラギルドさんでは今回
・ユニコーン関係のMSを集めた展示
・ビルドファイターズ系の展示
・サンダーボルトガンダムのMSを集めた展示
・何かしら受賞したことのある作品を集めた展示
を行うことになっており、

私はガンダムサンダーボルトのジオラマ1点と昨年浜松ジオラマグランプリでスポンサー賞を頂いた少年の眼差しを
ゲストとして展示する予定です。
本会員のサークルが一点でゲストの方で2点しかも最新作がゲストの方って言うのもおかしく感じるかもしれませんが
トライアングルに入会する前にケロロさんから声を掛けて頂いていたので今年はこちら優先でと言う事になっています。

おなじみの少年の眼差しはこちら。
DSC_0870.jpg


サンダーボルトのビッグガンとザクのジオラマこんな感じです。
いきなり完成?の画像で申し訳ないのですが・・・^^;
でもこれは真の完成版ではないのです!
静岡ホビーショーバージョンと言う事でまとめた為
もう少し静岡から帰ったら手を加えるつもりです。

ジオラマの中身としてはこんな感じ。
IMG_7494.jpg

IMG_7495.jpg

実際に運ぶ際に壊れないようにベニヤ板でケースを制作しました。
全体像としてはこんな感じ。
IMG_7497.jpg

サイズ的には45X45X60cmという大きいジオラマになってしまいました。

制作過程などは静岡から戻って落ち着いたらボチボチ書きますので興味のある方はお待ちください^^;


静岡での予定です!
静岡へは今週金曜の夜中に移動し土曜の朝から設置予定です。
17日も18日も朝10時~11時はトライアングルの卓の店番のためトライアングルの卓に居ます。
それ以外の時間はおそらくプラギルドさんの卓にいるか会場の作品を見て回ってる事でしょう。
もし私に御用の方はプラギルドさんかトライアングルの卓で私を呼び出して貰えれば駆けつけますので
遠慮なく呼び出してください。

会場でお会いできるのを楽しみにしています。


模型サークル加入とザク塗装→完成

Category: 完成写真  
本日(既に昨日ですが)午前中に湘南台の模型サークル トライアングルさんの例会に参加させて頂きました。
そこで他の会員の方たちの承認を得まして正式会員として加入させて頂くことになりました。

先日の横浜合同展示会の際に会長さんからサークル加入のお誘いの言葉を頂いていたのですが
キャラ系の人が少ない事と家から1時間ほどかかるので悩んでいたのです。
しかし、キャラ系の他の友人との動きのある際にはそちらを優先してもらっても構いませんよという会長さんの優しいお言葉と、長年ゲストとして例会や展示会に参加させて頂いておりメンバーの方とは仲良くさせて頂いていたので、良い人たちなのは分かっていたので参加させて頂くことにしました。
それ以外にも凄腕の飛行機や戦車などを作る方がいらっしゃるのでキャラものからでは入って来ない情報やテクニックも魅力の一つだというのもありました。

そして、2週間後にトライアングルの展示会が開催されます。
IMG_6775.jpg
詳しくはこちらへ↓
http://triweb.ninpou.jp/tri-top.html
私の作品も何点か展示します。


という告知はここまでで、









早速完成したサンダーボルトザクの塗装編の紹介を。

画像をクリックしてもらえると大きめの画像を見る事ができます。

塗装手順はいつものように黒サフの上からスーパーアイアンを吹き付けます。
IMG_6875.jpg

その後ヘアスプレーを吹いた後、基本色を吹いていきデカールを貼って艶消しトップコート。
その後リューターでチッピングを入れて行きます。
動力パイプ部分は艶消し白で塗った後スモークグレーに艶消し剤を混ぜたものでコートしています。
オレンジのマーキングは筆塗りです。
IMG_6912.jpg

今回はアルコール落としをやって見たかったのでネットの情報を元にアクリル塗料の木甲板色(本当はバフが良かったのかもしれませんが無かったのでこれで流用。)をエアブラシで遠くから薄吹きしあまり時間を置かずに燃料用アルコールをティッシュペーパーに含ませてポンポンと叩くように拭き取り。
今回は無重力下での汚れを意識していたので流れるような汚れは極力つけずにやって見たかったのでポンポンと叩くように拭き取ってます。
艶消しトップコートで梨地になっている部分やパーツの隅の方に埃が貯まったり、退色したような感じで色を残しておきます。
IMG_6915.jpg

後ろ側
IMG_6916.jpg

このままだと表面の粉っぽさが強いため、エナメルのフラットブラウン+フラットブラックをペトロールで薄めたものでウォッシングし、筋彫りなどの部分にはピンウォッシュをしました。
IMG_6945.jpg

ウォッシング終わった状態のランドセルです。
IMG_6921.jpg

で、最後にAKインタラクティブのアフリカダストエフェクトとフュエルステインを歯ブラシで遠くから跳ね飛ばして
点々と、こびりついたように汚れを乗せて行きAKのオドレスシンナーをしみこませた綿棒で濃さを調整していきます。
重力化なら重力の流れや空気の流れに沿って汚れを流すのですが、無重力なので流さないように注意しながら拭き取りました。
そのあと新しめの傷や塗装剥げをデザインナイフやリューターやスポンジやすり等を使い追加して完成です。
IMG_6956.jpg

完成写真はこちら!
IMG_7003.jpg

IMG_7038.jpg

IMG_7024.jpg

DSC_0234_01.jpg

DSC_0233_01.jpg

IMG_7032.jpg

IMG_7034.jpg

IMG_7021.jpg

IMG_7011.jpg

IMG_7030.jpg

IMG_7059.jpg

IMG_7061.jpg

最後に素組との比較です。
だいぶ太らせましたが色が暗めなので引き締まって見えますね。
IMG_7008.jpg

という訳でサンダーボルトザク完成です!

次回からはベースの制作なのですが3月いっぱいまでは、かなり仕事が忙しく平日は作業出来ないかもしれません。
間に合うのか?!

なが~~~い記事を見て頂きありがとうございました!
もっとこまめに書けばいいのでしょうがなかなか・・・

早く進捗が見たいぞという奇特なお方は私のツイッターをフォローして頂いた方が良いかもしれません^^;
@MasakiSe
です。一言挨拶頂ければリフォロー致しますのでお気軽にお声掛け下さい。

ではまた!

ザク制作開始

Category: サンダーボルトザク  
またまた広告が出てしまったので慌てて記事を書きますよ^^;

さて次はサンダーボルト版ザクの制作です。
ビッグガンとセットになっているキットですね。

まずは素組の状態でバランスをチェックします。

IMG_7067.jpg
キットのままでも悪くはないのですが、私としてはもっとマッチョでごつい感じにしたいとおもいました。
特に足と腕の太さは気になりますので是非とも太くしたいところ。
顔もコミックの印象より縦長な印象があるので横に広げます。

今回基本的にはパテは使わずプラ板による幅増しです。
まず足は中心で左右に1mm太らせました。
ふくらはぎ左右のスラスター部分は後から金属パーツの汎用ソケットを埋め込むために開口。
ただし膝のアーマーについては2mm太らせています。
腰のアーマーは前の部分は幅を1mm太らせて手前に増加装甲風に0.5mmプラ板を張り付け。
左右の腰アーマーは0.5mmプラ版貼り付けのみ。
股間のパーツ(通称チンコアーマー)は左右に1mmプラ板を張り付けた後0.5mmプラ板を段落ち風に張り付けています。
股間上の濃い緑のパーツを短く下のパーツを少し長くしてあります。
胸の部分は中央で1mm左右の濃い緑部分でそれぞれ1mm計3mm幅増し。手前に0.5mmプラ板で増加装甲追加。
腕の部分は下椀は1mm上腕はエポパテで太らせています。
上腕はカバーの布の上下に布を留めるための金属のリングのようなものを制作。
肩は前後方向に各1mmプラ板で増加装甲追加少し段落ち風にしています。
スパイクアーマーはピルダーツパーツのスパイクに変更。
頭は中央で1mm幅増し。鼻先はそのままです。モノアイは最終的にLEDで発光させられるように加工。
ランドセル関係は上部の円筒部分を左右1mmづつ短くカットしてバーニア下のメッシュ状の部分を
くり抜き金属メッシュに貼り替えました。
バーニアは縁を薄く削り込んで中にメタルパーツの汎用ソケットを埋め込むように開口。
といった感じで加工していきこうなりました。↓
(モノアイがあさっての方向向いていてカッコ悪いですが・・・)

DSC_0155.jpg

その後ディテール追加。
頭の筋彫りを深くしたり動力パイプ根元に取り付け用のボルト穴を加工。
スパイクアーマーの縁の部分にエバグリの細いプラパイプを張り付け。
要所要所にピンバイスでボルト穴追加。
戦車用エッチングパーツを使いディテール追加。
下椀の筋彫り追加。
腹の動力パイプ取り付け部にもボルト穴追加。
等々を行ってこのようになりました。

IMG_6862.jpg

盾の部分も厚みを増すために0.5mmプラ版貼り付け。
盾の内側段落ち部分にもボルト穴追加。
IMG_6863.jpg

ランドセルはそれほど手を入れていません。
IMG_6865.jpg

IMG_6866.jpg

ここまでできたので一度サフを吹いてみることに。
DSC_0178_20140215233106798.jpg

DSC_0170.jpg

DSC_0171.jpg

DSC_0173.jpg

DSC_0168_20140215233100a04.jpg

だいたいこんな感じで問題なさそうなので塗装に入ります。

長くなりそうなので、今日はここまで。

次回は塗装編です。

ビッグガン完成

Category: ビッグガン  
先ほどの記事が長すぎたので日付を変えて完成写真アップです。

写真をクリックすると大きくなります。
DSC_0129_01.jpg

DSC_0130.jpg

DSC_0131.jpg

DSC_0132.jpg

DSC_0134.jpg

DSC_0136_201401130030424e0.jpg

DSC_0138_20140113003044931.jpg

DSC_0141_20140113003045ca6.jpg

DSC_0142.jpg

DSC_0143.jpg

次はザクの制作です。

あけましておめでとうございます。とビッグガン制作

Category: ビッグガン  
遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。
IMG_6692.jpg



さて、いきなりですが年末からサンダーボルトのビッグガンを制作していました。
年末あまちゃんの総集編見ながら仮組開始。
TV見ながらだと時間掛かりましたが仮組出来たらこんな感じでした。
思ったよりもデカい!これは大物のジオラマになりそうです。
IMG_6695.jpg

今回ビッグガンを発射してる瞬間のジオラマにしたかったので電飾を仕込むことにしました。
でも、仮組の際に早まって接着しちゃった箇所もあり後から配線が通るように穴をあけないといけない箇所がありちょっと面倒でした。
出来れば電池などはベースから配線したかったので脚の中に配線代わりの真鍮線を仕込みました。
表に通すのではなく中に通しました。
IMG_6705.jpg

脚部の可動は最終調整用に残しておきたかったので関節部分はスプリングを介して通電するようにしてみようと思ってます。
脚2本にそれぞれ1本づつ内部に仕込んで+と-用に使います。
アーム部分の所からベースの裏側に持って行きそこで配線をつなぐ予定です。
IMG_6707.jpg

脚部と基部との接続はこんな感じで。
IMG_6711.jpg

アーム部分のつなぎ目はこのようにスプリングで接続。
WAVEのブラックスプリングですが通電テストしたら電気は通るようなので問題なし。
最終的には接続部分でハンダ付って難しそうなので導電グリスで密着させてから瞬着で接着するのはどうだろうかと思ったり・・・
IMG_6709.jpg

脚部先端にはジャンクパーツからそれっぽいものを接着してボリュームアップ。
予備のスラスター用燃料タンクやセンサー類を兼ねている感じで。
あとダミーの配線なんかも脚部に追加してみました。
脚部先端のアンテナは金属製のメタルパーツに変更。ディテールで丸く凹んでいる個所には1mmメタルボールやマイナスモールドを埋め込みました。
砲身のカバーのセンターにエッチングでディテール追加。作業員の足場兼滑り止め的な感じで。
IMG_6716.jpg

その他重厚部分の肉厚を少し薄くしたり砲塔左側のセンサー類にソケットピンなどを埋め込んだりしています。
工作としてはだいたいそんな所。
IMG_6715.jpg

で、塗装に移りました。
一番の難所はジェネレーター部。
ココは設定どうりに色分けするなら内部とフィンと本体で色が違う為塗り分けなければなりません。
まずは全体を黒サフで吹いた後にスーパーアイアンを吹きマスキング作業開始。
内部の部分は金属色のままにしたかったのでマスキングしておきます。
3つもあるので大変です。その上、上下にマスキングが必要な個所あり。
IMG_6723.jpg

そしてフィンの部分の色で塗装開始。
乾燥後フィンの部分を追加でマスキング。。。
ジェネレーター本体の四角い突起部もフィンと同色に塗った後付属のシールを粘着力落としてマスキングテープ代わりに。こうすることでサイズ合わせて切らなくても良くなります。
IMG_6724.jpg

で、本体色を塗装後マスキングを剥がしたのがこれ。
写真では色の違いがあまり出ていない・・・^^;
IMG_6726.jpg

基本色の塗装をエアブラシで行った後は細かいパーツの塗り分けを筆で。
塗り分けが終わった状態です。汚すのでスミ入れはしていません。
IMG_6727.jpg

組み上げるとこんな感じ。
脚部のスプリングは取り付けていません。
IMG_6728.jpg

本体部分のアップ。
IMG_6730.jpg

脚部先端のアップ。
IMG_6733.jpg

これ以降はどんどん傷だらけになって行きます。
IMG_6734.jpg

ビッグガンの設置個所はコロニーの残骸のデブリが漂う宇宙空間ですのでかなりいろんなものが飛んできて傷だらけになるだろうと言う事でリューターやデザインナイフ、スポンジヤスリなどを使って傷を入れて行きます。
力の加減で下地のシルバーを出すようにしたり下地の黒サフを出すようにしたり・・・
これだけでも使い古された感じ出てきましたね。
IMG_6736.jpg

その後エナメルのフラットブラック+フラットブラウンをペトロールで薄めたものでウォッシング。
立体感が増し、色に統一感が出ましたね。
IMG_6738.jpg

別アングル。
IMG_6741.jpg

最後にAKのアフリカダストエフェクトをエアブラシでうっすらと吹き付けてひとまず完成です。
電飾については現在試行錯誤中ですのでまだ光りませんがどうなるのかはお楽しみに!

と言う事で完成写真は後程別の記事で書きますので。もう少しお待ちを。

新年早々?書き溜めた長文失礼しました!
今年も宜しくお願いします。

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
アクセス
オンライン
現在の閲覧者数:
リンク
千葉しぼりイベント ずをコンthird G PARTS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。