きながに・・・MASAKI's模型

ガンプラメインに色んなプラモをのんびり作っていくのを不定期で公開します。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家具と岸壁

Category: UCHGジオラマ  
この土日は近所に買い物に出かけた以外は外出することも無く、家に居たので結構制作が進みました。
制作中はBGM代わりにロードオブザリングのエクステンデッドエディションを通して観てました。
私の中ではかなり上位に入る好きな映画です。


さて、次は家具です。
こんなキットと
DSC_0570.jpg

こんなキットを買ってありましたので早速作り始めました。
DSC_0571.jpg

タンスのキットは説明書通り作ると完全な箱の為引き出しや扉が開きません。
DSC_0572.jpg

それでは壊れた家の中にある家具としては違和感がありますので扉や引き出しのパーツを切り離して、
引き出しには奥の箱になる部分を制作し、扉部分には仕切りを入れました。
塗装した状態がこんな感じ。
ラッカーのサンドイエローを基本色にして取っ手などは金で塗り後からエナメルのハルレッド+フラットブラックでウォッシングしてます。
DSC_0573.jpg

引き出し開いたところ。
DSC_0574.jpg

タンスセットに入っていたテーブルセット。基本的にタンスと同色で背中と腰かけ部分の赤はモンザレッドです。
テーブルのみ最後に薄く溶いたハルレッド+フラットブラック(ハルレッド多め)を塗ってます。
DSC_0575.jpg

こちらはもう一つのセットの方のテーブルセット。
こちらも基本色は同じで椅子の座る所だけ黄土色で塗っています。
DSC_0576jpg.jpg

同じセットの食器類など。これが非常に小さいけど良くできてました。
樽は静岡ホビーショーで買ったレジンキットです。
DSC_0577jpg.jpg



ひとまず家具のキットは完成したので家具の中身は後日作ることにしました。


次に取り掛かったのが雨樋。
銅版で作られた感じでひしゃげた感じを出したかったので0.3mmの鉛板を使いました。
まず3mmのプラの角棒にコの字型に巻きつけそこに細く切った鉛版を巻いていきました。
DSC_0578.jpg

裏から見るとこんな感じです。
細切りの鉛版は屋根への固定金具のイメージで。
DSC_0579.jpg

プラ棒を外し
DSC_0580.jpg

ちぎれて曲がった感じに加工。
DSC_0581.jpg

これに先日の塗料を塗って放置し乾燥後屋根に取り付けました。
DSC_0582.jpg




そろそろ川にもレジン流したいので下処理開始。
岸壁左側の崩れた部分の石畳のあたりにモデリングペーストを塗ってそこに水槽用の小石を張り付け、
乾いたら塗装。
下の土の部分に艶だしニス+使い捨てカイロの中身+鉄道模型用のパウダーを混ぜたものを塗りつけました。
DSC_0583.jpg

川の水面付近に水苔風のものを水溶き木工用ボンドで張り付け。
この水苔は鉄道模型用のグリーンや茶色のパウダーです。
岸壁上方にはファインリーフフォーリッジを少しだけ張り付け石の隙間から生えた草を表現。
DSC_0584.jpg

水面の下地の色をエナメル塗料で塗装しました。
DSC_0585.jpg

ここからは少しずつクォリティーを上げて行きたいと思います。

また明日から仕事だ・・・
関連記事
スポンサーサイト

Comments

こういった細かい作業の積み重ねが、作品の最終的なクオリティーにつながるんですね~

勉強になります!


それにしても、鉛製の雨どいがリアリティたっぷりでいいですね~
家具まで、素晴らしいこだわりですね。
雨樋の表現は、すごくいいですね。

見ていて、にまにましてしまいます(^^)
自分がやったらやったで、
上手くいかないのかもしれませんが、
楽しそう!
正直やってみたいと思いました。
おお~写真のアップでも粗が見えない。。。。すごいです。。。

この家具きっと前から気にはなってたのですが、使い道が見当たらないので、買わずにいたのですが、つられて買っちゃいそうです。。。。
たにーちょさん
そうなんですよね。
細かい作業の積み重ねが見ている人にワクワク感を与えるんじゃないかと思って進めてます。

上手い人の場合そういう部分を上手く端折ってあるんでしょうね。

鉛の雨どい良いでしょ。
でも鉛なので変形しやすいのが欠点です。
てけさん
家の中にも結構スペースがある割に人物は配置しない予定なので
家具などで見どころを作ってます。

難しい事はやっていませんので、てけさんでもできますよ。
楽しいのでやりましょー!!
逗逗さん
今回は大きい写真じゃないので粗が見えないだけですよ~。

家具のキットそのまま組み立てたら結構ちゃっちい感じになりそうでしたので
引き出しなど分割してバラバラに引き出すことでダイナミックさを出したいなと考えたんです。

椅子も一から作るのは結構面倒なんですよね。
まあ、買った甲斐はあったかと。
おお!小物制作に取りかかりましたね。

家具のキットはものすごく簡単な割には達成感が高い。
ジオラマの完成度が格段にアップしますよね。

川のレジン流しはしつこいくらいに防水下時処理をしてくださいね。
情景師・アラーキーさん
そうなんです。
とうとう小物まで来ました。
ここからはチマチマとブラッシュアップです。

でも川のレジンという一大イベントはまだ残ってるんですけどね!
防水処理については以前も教えて頂きましたので今回も制作段階からかなり気を使ってます。
それでももっと気を付けておいた方がよさそうですね。

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
アクセス
オンライン
現在の閲覧者数:
リンク
千葉しぼりイベント ずをコンthird G PARTS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。