きながに・・・MASAKI's模型

ガンプラメインに色んなプラモをのんびり作っていくのを不定期で公開します。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスプレのモニターキャンペーンに当たった!(組み立て編)

Category: 未分類  
久しぶりの更新です!
先日家に帰るとディスプレと書かれたダンボールが届いていました。
IMG_5691.jpg
以前ツイッター上で応募されていたディスプレのモニターキャンペーンに当選したようです!!

開けてみると一番上にはカバーの付いたアクリル板4枚と天板が1枚
その下にはディスプレのロゴが入った小さい箱がいくつも入っており・・・
IMG_5692.jpg

二段になってました・・・
IMG_5694.jpg

思ったよりパーツ数多く感じましたが一度テーブルの上に並べてみました。
IMG_5707.jpg


まずはコントロールBOXとACアダプタ。
IMG_5708.jpg
このコントロールBOXが各ユニットのID番号ごとの光り方をコントロールする頭脳ですね。

次にシールの貼られていない箱が二つ
IMG_5709.jpg
左がプラグインモジュール用のスポットライト4灯とインターフェースパーツが2個
右はインターフェースケーブル2種類と各モジュール間の配線になるジョイントパーツが16個

プラグインモジュールは四隅の丸い穴が電極になっておりここから電源を取れるユニットです。
IMG_5710.jpg
この電極に対応した様々なユニットが販売予定らしいですよ。
このプラグインモジュールが9個


サーフェスモジュールは内部にLEDが9個配置されており面発光するユニットです。
IMG_5711.jpg
現状は白でしか光りません。色もコントロールできると良いんですけどね。
このサーフェスモジュールも9個

それぞれ裏側はこんな感じで四辺に通電用の端子があり各ユニットのIDを決めるためのロータリースイッチがあります。
IMG_5712.jpg IMG_5713.jpg


一番大きめの箱にはフレームパーツと呼ばれる角用のものが8個と縁用のものが16個入っていました。
IMG_5714.jpg IMG_5718.jpg

その上の一回り小さい箱にはフレームパーツ間を繋ぐカバー(右側)が24個,
フレームパーツのスペーサー(左側)が2つ入っています。
IMG_5715.jpg

大量のネジ・・・これだけ留めるのは大変ですが・・・
IMG_5716.jpg

これは各ユニット間を繋ぐフレームパーツ8個です。
IMG_5717.jpg



では早速組み立てていきましょう!


その前に・・・
光らせ方や組み合わせ方を考えておかないと・・・
天面に9ユニットベース面に9ユニット配置することになるのですが
サーフェスモジュールを9個天面に使うとスポットを上から照らしたいときに困るし

明るさの加減が分からないのでこの3パターンのうちのどれか。
IMG_5724.jpg

IMG_5725.jpg

IMG_5723.jpg

で、選んだのがこの↑パターン。
基本的にジオラマが多いため天面からの面光源が大きい方が良いかもしれないという事で
このパターンに決定。

裏返すとこんな感じ
IMG_5726.jpg
まずは各パーツ間を通電させるためのパーツをネジ止め
手順1
左上のインターフェースパーツから一筆書きの要領で全パーツに電気が流れるように並べなければなりません。

次にフレームパーツのセンターをネジ止め
手順2

さらにフレームパーツのストレートタイプとコーナータイプをネジ止め

手順3

フレームパーツ間の隙間を埋めるパーツをはめ込んでベース部分完成。
ここまで組めば、かなりしっかりした物になっています。
手順4

同様にトップ部分のパーツも組み立てました。
ベースとトップのパーツでこの黄色い部分のネジを締めました。。。
ここはもうちょっとお手軽に接続できるとありがたいところなんですが
強度など考えるとこうなるかなって感じですね。
手順5

組み終わったら各ユニットの裏側にあるロータリースイッチで0から9までのIDナンバーを任意に割り振っていきます。このID番号ごとに後で光らせたり点滅させたり音に反応させたりすることが出来るようにするための物です。
IMG_5731.jpg
コントロールBOXには各IDに対するロータリースイッチがあり
IMG_5767.jpg

このロータリースイッチを1にすれば点灯3にすればゆらぎなど割り振ったID単位で光らせ方をコントロールできるのです。
IMG_5770_20170709011223375.jpg 

で、ID割り振り終わったらアクリル板の背面用と側面用をベース部分の隙間に差込み続いてTOPパーツのユニットを乗せ(隙間にアクリルを差し込む感じで)コントロールユニットとベースのインターフェースパーツをインターフェースケーブルで繋ぎ、
 IMG_5768.jpg
さらにベースとトップのインターフェースユニットもインターフェースケーブルで繋ぎます。
IMG_5769.jpg
後はAC電源を差し込んでコントロールボックスのスイッチをONにすると点灯します。
最初このスイッチに気がつかず点灯しないと焦りました^^;
IMG_5771.jpg

これでもし光らない場合はこの配線の流れが間違ってる可能性がありそうです。
手順1

ということで完成しました!
IMG_5736.jpg
思った以上にしっかりしていて作品を入れることに関しても安心感があります。
今回は手近にあった水没ジオラマを置いてみました。
他の作品を入れた感じや光らせ方の遊びについては後日アップします!

  IMG_5738.jpg
ということでディスプレの組み立て編でした~。


買いたくなった方はこちらへ FORCOLLEオンラインショップ http://www.forcolle.shop
関連記事
スポンサーサイト

Comments


« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
アクセス
オンライン
現在の閲覧者数:
リンク
千葉しぼりイベント ずをコンthird G PARTS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。