きながに・・・MASAKI's模型

ガンプラメインに色んなプラモをのんびり作っていくのを不定期で公開します。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉しぼり入会とビルの瓦礫(モデリング編)

Category: サンダーボルトザク  
オラザクの発表からあっという間に一ヶ月。。。
別に月に一度の更新と決めてるわけではないのですが遅すぎますね。^^;

実は12月13日に行われた千葉しぼりのオフ会にて、このたび正式に千葉しぼりメンバーに入会させていただきました!
既に会員であるトライアングルに入ってすぐにn兄さんから誘おうと思ってたのに!というお言葉を頂いており、
千葉しぼり展示会前から掛け持ちでも良いからと誘われてましたのでトライアングルの会長に相談したところ
快くOKを頂きましたので正式にn兄さんからのお誘いを受ける形となりました。
千葉しぼりのメンバーの方々は模型会でも有名な方ばかり。
原型氏やライターの方など一流のモデラーの方が集まる巣窟・・・・私なんかが入ってもいいのだろうか?
って思ってましたがみなさん良い方ばかりですので歓迎していただけました。
これからよろしくお願いします。
ganbabana.gif
千葉しぼりのHPはこちら




さて今回はオラザクで受賞したNest of Vipersのメインのビルの制作過程を書くことにします。
基本的にはタミヤのプラバンとプラ棒で出来ています。
小さいビルであれば鉄道模型用のNゲージのサイズのビルが使えるのですが、
今回必要になるビルはビッグガンが固定できるような大型のビルであるためNゲージのビルは使えませんでした。
ですので仕方なくフルスクラッチです><


ビルの外壁は1mmプラバンを帯状にカットしたものを5mm角棒に等間隔に接着して行き、その上に1mm角棒を
接着することでビルの壁面のアクセントにしています。
等間隔で接着していくために窓の間隔の大きさの治具を制作しそれを間に挟んで間隔をそろえるように接着していっています。
IMG_7141.jpg

メインの壁面が出来たら今度は側面の壁面を制作していきます。
あらかじめ壊れているイメージを頭の中に持っていますので欠けている部分などはあらかじめ欠けさせておきます。
この時点では各壁面は接着しておきません。何故かというとバラバラにしておいたほうが塗装が楽だからです。
ビルの下にあるプラバンはこれから床面や天井面になる各階層用です。
IMG_7144b.jpg

このプラバンをこのように壁面の柱に刺さるように切込みを入れていきます。
13階層X2(床と天井)なので26枚。地道な作業です。
プラバンの端に振ってある番号は階層の番号です。決めておかないと後でどこの物か分からなくなりそうなので書いてあります。
IMG_7190.jpg

次に各階層の柱や梁に当たる部分のためのプラ棒を切り出します。
柱は5mm角棒。梁は3mm角棒です。
大量に必要になるためひとつづつカッターや鋸で切っていたのではキリがないので秘密兵器投入!
IMG_7263.jpg

ホビー用の電動丸鋸(約1万円)です。
かずを先生から譲ってもらったチョッパー2(等間隔にプラバンやプラ棒を切り出せる道具)では3mmが限界でしたので
思い切って購入しましたが正解でした!
スイスイ切れる!でも気をつけないと指なんて簡単に切り落とせちゃうので注意が必要ですが・・・
IMG_7262.jpg

でもって、先ほどのプラバンと角棒を組み合わせたのがこちら。
コレも柱の間隔や梁の間隔をそろえるために治具を制作しています。
床面と天井の面の間は1mm角棒で隙間を作っておきます。
後でこの隙間に配線や鉄筋などを入れて接着するためです。
IMG_7264.jpg

それを並べていくとこんな雰囲気に。
コレもまだ接着はしません。
IMG_7265.jpg

ほぼ全ての階層が出来た状態。
途中の階層の床と天井の隙間から出ている金属プレートは最終的にベースに固定して浮かせるためのものです。
最終的にガッチリ固定してしまいますが今は仮止め。
今は2箇所ですが全部出来上がると思ったよりビルが重かったので金属プレートは3本に増やしました。
IMG_7267.jpg

破壊されたビルの断面は直線ではおかしいのでこのようにガタガタに。
制作方法はいたって簡単。ペンチやラジオペンチを使い挟んでは捻じ切るという感じです。
この時、規則的になり過ぎないよう自然に見えるように注意して壊していきます。
IMG_7268.jpg

全階層壊して組んでみたのがこんな感じ。
IMG_7269.jpg

仮組みする時や最終的な強度のことを考えて壁面への階層の取り付け用に壁面の内側にプラ棒を貼り付けて
各階層を差し込めるようにしました。(各階層の溝あたりにも番号を振っておき差し込む際の目安に)
この時点でよく見ると各階層の柱と床の辺りに隙間が・・・
IMG_7271b.jpg

それを埋めるために1mmプラバンを柱より少しだけ大きめに四角に切り出し貼り付けました。
これによって柱の存在感がよりリアルな感じになりました。
あと全ての階層に各階層の内壁を0.5mmプラバンで制作し貼り付けていきました。
IMG_7286.jpg

完成画像を見ても分からないかもしれませんが、床面にはうっすらとタイルの目地が入っています。
このタイル目地、実は網戸の網を使用して制作してあります。
ピンと張った網を床面のプラバンに押し当てた状態でモデリングペーストをパレットナイフで薄く塗りつけます。
その後、半乾きになったら網を剥がすようにすれば網戸の網目がタイル目のように見えるというものです。
IMG_7288.jpg

これが剥がした状態。
少し波打ったり不均等ですが、瓦礫になるのであまり気にしない・・・!
IMG_7289.jpg

この時点で一度ザクとビッグガンを配置してみてどの位置にビッグガンのアームを固定するのかをある程度決めておきます。
IMG_7291.jpg

リューターを使い壁や柱や床などにデブリの衝突などで出来た傷をつけていきます。
また、別の階層に繋がらない柱に関しては柱の中のH鋼が飛び出たような雰囲気でタミヤのH型プラ棒を接着し根元は
タミヤパテで割れたコンクリートのように加工しておきます。(写真はまだやってませんが^^;)
IMG_7296.jpg

ひとつづつの階層はこんな感じでぼろぼろに。
IMG_7297.jpg

その後、溶きパテをかなり乱暴に筆で塗っていき塗装剥がれや擦り傷のようなテクスチャをつけておきます。
IMG_7298.jpg

全階層塗り終わったらこんな感じ。
IMG_7299.jpg

という事で今回は工作編ということでここまで。

次回はこの瓦礫を塗装して小物を配置するところまで紹介できればと思います。

年内にもう一度更新できるといいのですが・・・がんばります!

スポンサーサイト

« »

12 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
アクセス
オンライン
現在の閲覧者数:
リンク
千葉しぼりイベント ずをコンthird G PARTS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。