きながに・・・MASAKI's模型

ガンプラメインに色んなプラモをのんびり作っていくのを不定期で公開します。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーシィドッグ塗装と塗装ブース

Category: 1/60 マーシィドッグ  
さてさて、ずいぶん昔に記事を書いた記憶が・・・・
次は塗装編と言っておいて書かずにすみませんでした><

随分立ちすぎてすっかり細かい事は忘れてしまっている状態ですがひとまずマーシィドッグ篇は完結させなくては・・・

と言う事でサフ状態のモノに黒サフ⇒スーパーアイアンを吹いた後基本色をラッカーで塗装しました。
IMG_7646.jpg

その後チッピングを入れてウォッシング。
IMG_7656.jpg

IMG_7662.jpg

その後アルコール落としを一度行いウォッシングをした後再度アルコール落としをやってみました。
IMG_7669.jpg

レンズと認識帯を筆塗りし、もう一度ウォッシング。
IMG_7671.jpg

大きさ比較。
IMG_7673.jpg

地面をマグネット用の金属プレートの上に石粉粘土を盛って制作。
土は使い捨てカイロの中身で草は鉄道模型用のパウダーなど。
IMG_7687.jpg

土台になる木片はホームセンターで買ってきたものにスプレータイプのニスを5回ほど塗り重ねて研ぎだしたものです。
縁の部分はわざと擦れたようにしておきました。
タイトルプレートはインクジェットの光沢紙に印刷し、0.2mmの透明プラ板を重ねて虫ピンで固定。
地面は木のベースにネオジムを埋め込んで脱着可能にしました。
IMG_7691.jpg

塗装はだいたいこんな感じです。
酒餅公開前ですが一枚だけあげておきます。
MASAKI1.jpg

これを作っている最中結構咳がひどく続いており塗装環境の改善のために今までの小さいFANではなく窓用換気扇を購入しそこに新たに塗装ブースを作っていました。

まずホームセンターや100均で写真の物とアルミテープと猫の爪研ぎを買って来ました!
DSC_0087.jpg

先程のバーベキュー用の金網を組合わせて箱を作ります!各網の接続は結束バンドです
BtFNkrHCcAA7HgH.jpg

その内側にPP製のまな板シート(2枚で100円)を内側に固定隙間はアルミテープで繋いでおきます。
PPのシートと金網の接続も結束バンドです。紙に穴をあけるパンチでPPシートに穴をあけると簡単です。
BtFQj46CUAE8X50.jpg

外側から見るとこんな感じ。
BtFQkB4CcAAigR.jpg

もう一枚の大きい金網に猫の爪とぎを組み合わせて張り付けます。
これは乱気流の起こる換気扇付近の空気の流れを一方向へ流すためにつけています。
その金網を片側で先ほどの箱状の金網の背面に取り付けます。
BtFR1lcCUAIncp.jpg

爪とぎを貼りつけた整流板?はまず片側だけ結束バンドで止めドアのように開くようにしておきます。
開くとこんな感じです。
BtFR1oLCEAAiWw.jpg

その開いた部分にレンジフード用換気扇フィルタを挟み込み扉を閉じてもう片側を結束バンドで閉じます。
こうすることで猫の爪とぎ部分の汚れを少しでも減らします。
フィルター交換の際は結束バンドをカットしてドアのように開けば簡単にフィルターが交換出来ます。
ただし交換する際は床に新聞紙など引いておかないとミストの粉で大変なことになるのでご注意を。
これで塗装ブースの本体は完成です。
BtFR1jPCEAAQ2.jpg

次に塗装ブース本体と換気扇をつなぐ部分を制作します。

そのまま換気扇の前においてもある程度吸ってくれると思うのですが、換気扇からの吹き替えしや
周りの隙間の部分から余分な空気が流れ込んで効率が悪いのでキッチリつながるようにしたいのです。
で、作ったのがコレ。
塗装ブースの本体側にはめ込んで換気扇側から見た状態です。
制作はホームセンターで買ってきた養生用のプラ段(プラスチックダンボール)200円です。
空気漏れが少なくなるようにこれもアルミテープで貼りつけて行き塗装ブース側と換気扇側の接続部分には
100均で買ってきた隙間テープ(細切りスポンジがテープのように貼りつけられるもの)を貼りつけ隙間風を
極力防いでいます。この形状を作るのが結構大変でした。
IMG_8044.jpg

接続部分をひっくり返して塗装ブース側から見た状態。
IMG_8045.jpg

窓用換気扇に取り付けるとこんな感じ。
ちなみに窓用換気扇は上下逆さまにしてありスイッチは常にオンの状態になっていますが、コンセントの先に電圧をコントロールして換気扇の回転数を変えられるものを付けているため本体のスイッチは使いません。
BteyPwHCMAALz.jpg

これがそのコントローラーです。上のボタンがON/OFFスイッチで下のスライダーが回転数調整用
BtpEuKWCQAIWKS.jpg

換気扇の高さに合わせるために下にダンボールで下駄をかませて取り付け完了です。
BtOkVzPCIAEmtN.jpg

かなり勢いよく空気を吸い出してくれるため今までなら一時間も塗装したら部屋の中がかなり臭かったのですが
これにしたら臭いはしますがかなり気にならなくなりました。
以前なら少しの塗装でもガスマスク必要なほど臭かったのが、少しの塗装ならほとんど臭いがしない感じです。

結局トータルすると安い市販の塗装ブースなら買えるくらいには製作費がかかっていますので
真似する人は自己責任でお願いします。
あと、換気扇の逆付けもメーカーは推奨してませんのでご注意を。

と言う事で自作塗装ブースのお話でした。


スポンサーサイト

« »

09 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
アクセス
オンライン
現在の閲覧者数:
リンク
千葉しぼりイベント ずをコンthird G PARTS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。