きながに・・・MASAKI's模型

ガンプラメインに色んなプラモをのんびり作っていくのを不定期で公開します。

模型サークル加入とザク塗装→完成

Category: 完成写真  
本日(既に昨日ですが)午前中に湘南台の模型サークル トライアングルさんの例会に参加させて頂きました。
そこで他の会員の方たちの承認を得まして正式会員として加入させて頂くことになりました。

先日の横浜合同展示会の際に会長さんからサークル加入のお誘いの言葉を頂いていたのですが
キャラ系の人が少ない事と家から1時間ほどかかるので悩んでいたのです。
しかし、キャラ系の他の友人との動きのある際にはそちらを優先してもらっても構いませんよという会長さんの優しいお言葉と、長年ゲストとして例会や展示会に参加させて頂いておりメンバーの方とは仲良くさせて頂いていたので、良い人たちなのは分かっていたので参加させて頂くことにしました。
それ以外にも凄腕の飛行機や戦車などを作る方がいらっしゃるのでキャラものからでは入って来ない情報やテクニックも魅力の一つだというのもありました。

そして、2週間後にトライアングルの展示会が開催されます。
IMG_6775.jpg
詳しくはこちらへ↓
http://triweb.ninpou.jp/tri-top.html
私の作品も何点か展示します。


という告知はここまでで、









早速完成したサンダーボルトザクの塗装編の紹介を。

画像をクリックしてもらえると大きめの画像を見る事ができます。

塗装手順はいつものように黒サフの上からスーパーアイアンを吹き付けます。
IMG_6875.jpg

その後ヘアスプレーを吹いた後、基本色を吹いていきデカールを貼って艶消しトップコート。
その後リューターでチッピングを入れて行きます。
動力パイプ部分は艶消し白で塗った後スモークグレーに艶消し剤を混ぜたものでコートしています。
オレンジのマーキングは筆塗りです。
IMG_6912.jpg

今回はアルコール落としをやって見たかったのでネットの情報を元にアクリル塗料の木甲板色(本当はバフが良かったのかもしれませんが無かったのでこれで流用。)をエアブラシで遠くから薄吹きしあまり時間を置かずに燃料用アルコールをティッシュペーパーに含ませてポンポンと叩くように拭き取り。
今回は無重力下での汚れを意識していたので流れるような汚れは極力つけずにやって見たかったのでポンポンと叩くように拭き取ってます。
艶消しトップコートで梨地になっている部分やパーツの隅の方に埃が貯まったり、退色したような感じで色を残しておきます。
IMG_6915.jpg

後ろ側
IMG_6916.jpg

このままだと表面の粉っぽさが強いため、エナメルのフラットブラウン+フラットブラックをペトロールで薄めたものでウォッシングし、筋彫りなどの部分にはピンウォッシュをしました。
IMG_6945.jpg

ウォッシング終わった状態のランドセルです。
IMG_6921.jpg

で、最後にAKインタラクティブのアフリカダストエフェクトとフュエルステインを歯ブラシで遠くから跳ね飛ばして
点々と、こびりついたように汚れを乗せて行きAKのオドレスシンナーをしみこませた綿棒で濃さを調整していきます。
重力化なら重力の流れや空気の流れに沿って汚れを流すのですが、無重力なので流さないように注意しながら拭き取りました。
そのあと新しめの傷や塗装剥げをデザインナイフやリューターやスポンジやすり等を使い追加して完成です。
IMG_6956.jpg

完成写真はこちら!
IMG_7003.jpg

IMG_7038.jpg

IMG_7024.jpg

DSC_0234_01.jpg

DSC_0233_01.jpg

IMG_7032.jpg

IMG_7034.jpg

IMG_7021.jpg

IMG_7011.jpg

IMG_7030.jpg

IMG_7059.jpg

IMG_7061.jpg

最後に素組との比較です。
だいぶ太らせましたが色が暗めなので引き締まって見えますね。
IMG_7008.jpg

という訳でサンダーボルトザク完成です!

次回からはベースの制作なのですが3月いっぱいまでは、かなり仕事が忙しく平日は作業出来ないかもしれません。
間に合うのか?!

なが~~~い記事を見て頂きありがとうございました!
もっとこまめに書けばいいのでしょうがなかなか・・・

早く進捗が見たいぞという奇特なお方は私のツイッターをフォローして頂いた方が良いかもしれません^^;
@MasakiSe
です。一言挨拶頂ければリフォロー致しますのでお気軽にお声掛け下さい。

ではまた!
スポンサーサイト

ザク制作開始

Category: サンダーボルトザク  
またまた広告が出てしまったので慌てて記事を書きますよ^^;

さて次はサンダーボルト版ザクの制作です。
ビッグガンとセットになっているキットですね。

まずは素組の状態でバランスをチェックします。

IMG_7067.jpg
キットのままでも悪くはないのですが、私としてはもっとマッチョでごつい感じにしたいとおもいました。
特に足と腕の太さは気になりますので是非とも太くしたいところ。
顔もコミックの印象より縦長な印象があるので横に広げます。

今回基本的にはパテは使わずプラ板による幅増しです。
まず足は中心で左右に1mm太らせました。
ふくらはぎ左右のスラスター部分は後から金属パーツの汎用ソケットを埋め込むために開口。
ただし膝のアーマーについては2mm太らせています。
腰のアーマーは前の部分は幅を1mm太らせて手前に増加装甲風に0.5mmプラ板を張り付け。
左右の腰アーマーは0.5mmプラ版貼り付けのみ。
股間のパーツ(通称チンコアーマー)は左右に1mmプラ板を張り付けた後0.5mmプラ板を段落ち風に張り付けています。
股間上の濃い緑のパーツを短く下のパーツを少し長くしてあります。
胸の部分は中央で1mm左右の濃い緑部分でそれぞれ1mm計3mm幅増し。手前に0.5mmプラ板で増加装甲追加。
腕の部分は下椀は1mm上腕はエポパテで太らせています。
上腕はカバーの布の上下に布を留めるための金属のリングのようなものを制作。
肩は前後方向に各1mmプラ板で増加装甲追加少し段落ち風にしています。
スパイクアーマーはピルダーツパーツのスパイクに変更。
頭は中央で1mm幅増し。鼻先はそのままです。モノアイは最終的にLEDで発光させられるように加工。
ランドセル関係は上部の円筒部分を左右1mmづつ短くカットしてバーニア下のメッシュ状の部分を
くり抜き金属メッシュに貼り替えました。
バーニアは縁を薄く削り込んで中にメタルパーツの汎用ソケットを埋め込むように開口。
といった感じで加工していきこうなりました。↓
(モノアイがあさっての方向向いていてカッコ悪いですが・・・)

DSC_0155.jpg

その後ディテール追加。
頭の筋彫りを深くしたり動力パイプ根元に取り付け用のボルト穴を加工。
スパイクアーマーの縁の部分にエバグリの細いプラパイプを張り付け。
要所要所にピンバイスでボルト穴追加。
戦車用エッチングパーツを使いディテール追加。
下椀の筋彫り追加。
腹の動力パイプ取り付け部にもボルト穴追加。
等々を行ってこのようになりました。

IMG_6862.jpg

盾の部分も厚みを増すために0.5mmプラ版貼り付け。
盾の内側段落ち部分にもボルト穴追加。
IMG_6863.jpg

ランドセルはそれほど手を入れていません。
IMG_6865.jpg

IMG_6866.jpg

ここまでできたので一度サフを吹いてみることに。
DSC_0178_20140215233106798.jpg

DSC_0170.jpg

DSC_0171.jpg

DSC_0173.jpg

DSC_0168_20140215233100a04.jpg

だいたいこんな感じで問題なさそうなので塗装に入ります。

長くなりそうなので、今日はここまで。

次回は塗装編です。

« »

02 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール
アクセス
オンライン
現在の閲覧者数:
リンク
千葉しぼりイベント ずをコンthird G PARTS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR