きながに・・・MASAKI's模型

ガンプラメインに色んなプラモをのんびり作っていくのを不定期で公開します。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年の眼差しと人々

Category: UCHGジオラマ  
引き続き完成写真です!
この作品のタイトルですが、「少年の眼差し」に決まりました。
もともとこのジオラマの主人公はこの少年なのです。
何も言わずに見て貰った場合この少年に気づいて貰えるかどうかわかりませんが、
出来るだけ少年に気づかせるように演出したつもりです。

少年の眼差しの先には何があるのか?
初めて見た人はどんなふうに想像するのでしょうか。
DSC_0808.jpg

少年のアップ。
DSC_0852.jpg

かなり危険なところに立ってますね~。
DSC_0826.jpg

母親が少年を指さして助けを求めています。
kojin.jpg

ドラム缶に腰掛け銃の手入れをするガルシア
kojin2.jpg

後方からの車に指示を出す兵士
kojin3.jpg

ガルシアに近付き何かもらおうとしている子犬
kojin4.jpg

途方に暮れるおばさんと相談に乗っているおじさん
OJI_OBA.jpg

少年の見つめる先にいるザクのパイロットの視点(ちょっと低いですが・・・)
DSC_0805.jpg

次回道路付近の全体像の写真をアップしたら一通り撮影した写真で良さそうなものはアップ完了です。

この作品今週土曜の濱オフに持って行きますのでお楽しみに~。


スポンサーサイト

サウロペルタと水面

Category: UCHGジオラマ  
完成写真アップも3回目。
今回はサウロペルタ(ジオン軍のジープ)周りと水面の写真です。

サイクロプス隊のメンバ-が移動中たまたま道路を塞ぐように陸ガンの腕が。。。
周りの道路もMSの戦闘によって通れる道が無く後ろからは何台かの軍の車が付いてきているためバックもできない状態。仕方なくここで少し休憩することにしたサイクロプス隊はジープ付近で雑談中。
jeep1.jpg

ミハイルは酒、シュタイナーはタバコ、ガルシアは銃の手入れとそれぞれ思い思いに暇をつぶしている。
jeep2.jpg

ジープ後方では後ろからやってくる車両に引き返すように伝えている兵士。
jeep3.jpg

ジェームズ・ホワンがサイクロプス隊に迂回路を説明中。(あまり話は聞いて貰えてないようですが・・・)
Jeep4.jpg

橋の手前が崩れているのは、MSの戦闘中に踏み崩した為。
橋の上

全体像
橋の上2

水面には戦闘で壊された家の材木などのごみが大量に浮かんでいる。
水面

排水管からは壊れた水道管から漏れた水と瓦礫の泥が混ざった汚れた水が零れ落ちている。
排水管

ジープの横の窓には戦闘の衝撃で一度落ちた鉢植えと拾われた漫画が置かれている。
窓

といった所です。

写真は後2回くらいで全てアップできそうです。

母と子

Category: UCHGジオラマ  
今回は正面側の一つのストーリーである母と子の写真を公開します。

設定上では陸戦ガンダムの掌の上の少年はジオン軍のザクが大好きで良く見たくて陸ガンの掌まで登ってきていると言う事にしてあります。
ただ、この陸ガンの腕今にも崩れそうな建物に寄りかかっているためいつ崩れてもおかしくない状態。
それを見つけた母親が近くに居たジオン兵に助けを求め、いち早く気付いた兵士が既に助けに入っているという状
状況をジオラマにしてみました。
DSC_0820.jpg

助けを求める母親。
DSC_0870.jpg

既に助けに行こうとしている兵士たち。
DSC_0872.jpg

腕の上腕部に居る兵士を呼び止めて降りるように指示する小隊長。
今にも崩れそうな状態なのに大人二人が上ると危険だと判断したのでしょう。
DSC_0748.jpg

別アングルで。
DSC_0778.jpg

これまた別アングル。
DSC_0724.jpg

ちょっとシルエット的に撮影してみました。
シルエット

助けに入る2人の兵士。
DSC_0845.jpg

別アングルで。
DSC_0788.jpg

救出シーンの広く見えるカットで。
DSC_0824.jpg

出勤前のギリギリで書いた文章なので後で見直しますね。

では行ってきます!

晴れと屋内写真

Category: UCHGジオラマ  
。今日は晴れていたので昼過ぎからジオラマの撮影をしました。

総撮影枚数178枚。
そのうち使えそうなのを現在整理中です。
まずは屋内側の写真から公開します。

まずは玄関のあたり。出て行くための荷物をまとめたかばんが置いてあります。
玄関

食器棚の手前に散らばった割れた食器類。
割れた食器

2Fのタンスと散らばった本棚。家が破壊された際に吹き飛んで本がばらまかれてます。
マンガ

1Fダイニングテーブル。食事中の避難警報で慌てて非難したため食器類はそのままになっています。
テーブル3

別アングルから。
テーブル2

ライティング違いで。
テーブル1

玄関横の壁が崩れた所。
崩れた壁2

別アングルです。
崩れた壁

窓から差し込む光が良い感じだったので・・・
日差し

1Fテーブル越しに窓を見るアングルで。
日差し (2)

2Fのタンスと散らばった本
タンス

2Fの反対側の状態。崩れた壁でテーブルの脚が折れて倒れています。
2Fみぎ

全部の写真を一度にアップするのは大変なので何日かに分けて小出しで出していきます^^;

でも、今週仕事忙しくなるんですよね~。

正面の画像は近日公開。お楽しみに~

曇り空と撮影

Category: UCHGジオラマ  
ひとまずジオラマは完成という事にして曇り空の中ベランダにて撮影してみました。
晴れた日にもう一度撮影するつもりなので作品に関してのコメントはその時にでも。
今日は眠いので、まずは写真アップしておきます!

今回の写真は少し大きめにアップしてあります。画像をクリックすると大きな画像が見れるはず。

UCHG_K_1.jpg

UCHG_K_2.jpg

UCHG_K_3.jpg

UCHG_K_4.jpg

UCHG_K_5.jpg

UCHG_K_6.jpg

UCHG_K_7.jpg

UCHG_K_8.jpg

UCHG_K_9.jpg

UCHG_K_10.jpg

UCHG_K_11.jpg

そういえば本日11/24 新宿文化センターB1展示室にて
【第8回関東Ma.K.模型展示会】が開催されます。
開場は12:00~18:00 入場は無料です。
今年は私も参加しますので興味のある方は是非見に来てくださいね!
詳しくはこちらに↓
http://showcase.blog26.fc2.com/#pagetop

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ずをコンとジオラマ

Category: HGデザートザク  
前回の更新からすでに20日近く経ってしまいましたが、
既にジオラマ完成してるんだったら早く公開しろと思ってる方も多いかと思いますが・・・・




あれからストップしております><
12月の濱オフまでには仕上げて持って行こうと思ってますので、公開はもうしばらくお待ちください!

ほんとなら、出すのにちょうど良いコンペでもあれば出しても良いのですが、
コンペに出すために作ってるわけでは無いのでこの時期にそれらしい模型屋のコンペは見当たらず。
時期がずれてしまってるようなのでそっちは諦めて出来次第公開しますね。



ストップしてしまっていた原因はというと、ブログ右下にアイコンのある「ずをコン3」の機体の方に浮気してしまっていたのです^^;

ずをコンというのは濱オフでお世話になっている「かずを」さんが主催されている模型コンペなのですが、
個人主催で行っているにも関わらず今回の参加表明117名という巨大コンペなのです。

濱オフつながりで軽い気持ちで参加表明したものの、あのガンプラ界では超有名なn兄さんや電撃ホビーマガジンのガン王決定戦での受賞歴のあるキラキラ☆さんやプロの原型師さんも参加表明されたとかされないとか。

で、ツイッターなどで既に作り始めている方の進捗など見てると、流石に何かしなきゃと思い始めジオラマストップしてデザートザクを作り始めました。



まず以前食べて残しておいたザク豆腐の入れ物を用意します。
S01.jpg

プリンミックスをお湯で溶かし水で薄めて型に流します。
S02.jpg

冷蔵庫で固めてひっくり返すと。
出来上がり。
デザートザクでした!
S03.jpg



















って、違うやろ~!!
(後で家族で美味しく頂きました)



では気を取り直して・・・

今回のずをコンにはTVシリーズには出てこないMSVで、という縛りがありますので
私は昔からザクのMSVの中でも一番好きなデザートザク(砂漠用ザク)を作ることにしました。

この機体旧キットの物しかなく、そのまま作るとかなり残念な出来になってしまう為、
今風のイメージに持って行くためにHGの量産型ザクとニコイチで改造してしまおうという事にしました!

良く考えるとキットのニコイチは今回が初めてかもしれません。
まあどこまでできるかやってみましょう!


まず最初に取り掛かったのは胴体からです。

量産型ベースに白い部分はプラ版で幅増し、茶色いパーツは旧キットからの流用です。
部分的に黒いのは黒い瞬着をパテ代わりに傷消しに使ったからです。
股間のアーマーの茶色い部分は先日買ってあまり出番のなかったヒートペンでパテ代わりに肉盛り。
その際、旧キットのランナーを使ったため茶色いのです。
動力パイプ下のハの字の部分は旧キットではお腹の動力パイプ部分と繋がっているのですが、
スカートを稼働させることを考えて少し隙間をあけました。
S1.jpg

胴体の後ろから。
スカート真後ろのスリット部分は推進用可変式噴射口と説明書にあったため、
裏から網を貼ってその奥にバーニアを仕込んでみるつもりです。

ランドセルの煙突部分は旧キットのままだとスリットが一体成型でしたのでくりぬいてプラ版にて成型。
サイドスカートの形状も設定では角張った感じなのでエッジを出してみました。
S2.jpg

次に、量産型と大きく違う脚部に移りました。
ふくらはぎの推進ユニットは旧キットからの移植ですが、
綺麗にはめられるように量産型の脚に穴をあけるのに結構手間取りました。
S3.jpg

足の全体像です。
ふくらはぎ以外の違う個所は太腿の形状や膝の部分の形状です。
太腿は少し角張った形状にしたい為ポリパテで盛ってから削り出し。
ヒートペンで盛ってから削っても良かったのですが、ヒートペンだと時間掛かりすぎますね。
膝の部分は旧キットから移植後これもスリット部をくりぬいてプラ版にて制作。
足首の足の甲はMGザクのように足の甲の装甲を切り離し中にボールジョイントを仕込んで稼働可能にしました。
S4.jpg

足の後ろから。
そういえば以前HGザク作った時に太腿が短く感じたため太腿は2mm延長しています。
あと、膝関節の下側に放熱用スリットを追加。
S5.jpg

次に腕です。
腕は肘のあたりの形状が違う為ポリパテを盛ってから削り出し。
上腕と肩はキットのままだと細すぎる印象だったため、0.5mmプラ版で囲って少し太くしてあります。
S6.jpg

頭に関してはHGのままではシールになってしまう為シールを張り付ける黒いパーツを取り去り
頭の下パーツと上パーツの内側に目張りしてモノアイを入れる予定です。
今回はモノアイをLEDで発光予定。ただ今仕込中。
アンテナはカラカル所属機のダブルアンテナにしましたが、
センターのアンテナはカラカル機の通常の物ではしっくりこず通常タイプのアンテナを付けることにしました。
まずは、バランス見るための物なので暫定ですが・・・

肩アーマーの棘はビルダーズパーツの物を使用してみました。
シールドは小さい印象だったためプラ板で囲って大型化。
左手の三連ミサイルポットは穴がいびつだった為、ポリパテで埋めて開け直し。(これから)
排気ノズル?は別のものに置き換え予定です。
S7.jpg

モノアイやお腹の動力パイプが入っていませんが全身を組んでみての立ち姿はこんな感じです。
足の動力パイプも交換予定です。
S8.jpg

S9.jpg

後ろから。
S10.jpg

S11.jpg

ここまで来たので後は一度サフを吹いてみないと。
細かいディテールアップはその後です。


排水管と川の水

Category: UCHGジオラマ  
前回の記事から結構時間がたってしまい気が付くと11月!?
もう今年も後2か月しか無いではないですか!!

前回からの間にFukuhara(hktm27)さん主催のOFF会やハナバタさん主催の濱オフ東京下町支部のザク祭りがありました。
ザク祭りには10数人のモデラーが集まってそれぞれ1/100のザクを持ち寄って展示。
全部のザクを紹介できないのは残念ですがそれは主催者のハナバタさんのブログで見てください!
http://gunplabar.blog114.fc2.com/
会場の様子はこんな感じ。
流石にこんなに揃うと凄く見ごたえがあります。みんな上手いし!
DSC_0649.jpg




この所、毎週末どこかに出かけていて進み具合が遅いのですが、、、

あれから行った作業ですが
まずは川の岸壁の排水管から流れ落ちる水です。
先日買ったニッパーのブリスターの透明部分を細く切り出し水の流れを作りました。
DSC_0650.jpg

それを排水管に接着しその表面と着水面などにジェルメディウムを塗って立体感を出します。
写真は乾いていないので白く見えますが乾けば透明になります。
DSC_0652.jpg

岸壁とベースの隙間にも同様にジェルメディウムで隙間を埋めておきました。
アラーキーさんからのアドバイスで隙間はしつこいくらいに埋めておいた方が良いと言う事でしたので念のため。
DSC_0651.jpg

乾いたらこんな感じで透明になります。
写真は一度川に浮かんだ瓦礫を仮配置してこのくらいの量で良いか見ている状態です。
DSC_0653.jpg

透明レジンを流した際に埃が入り込まないようにするためと、完成品の埃よけも兼ねて透明ケースを自作してみました。
こんな感じのケースを購入すると2000~3000円はする為、今回は100均のA3の硬質カードケース(間に書類などはさめる下敷きみたいなもの)を3枚使って制作したため材料費300円!!
このカードケースだと切り離せばA3の透明版が6枚取れるのでそれを必要なサイズにカットして縁を折り曲げ、
組み合わせて接着しました。
DSC_0654.jpg

ある程度川のまわりの物は先に固定しておいた方が川の水面が汚れずに済むかと思ったので先にフィギュアを接着しました。
ジープ周りはこんな感じ。家の壁面と地面の間には砕いたレンガなどをマットメディウムで接着しています。
その上からはレンガ色のパステルで汚しています。
この時点でドラム缶の上やジープの後部座席に小物を接着しています。
DSC_0655.jpg

家のドア側には陸ガンの腕に上っている兵士が持っていた荷物が積み上げられているようにしたり、
瓦礫も積み上げています。
DSC_0656.jpg

少年はどこにいるかと言うと・・・・
陸ガンの掌の上です。
その目線の先にはジオン軍のMSが・・・と言う設定です。
DSC_0658.jpg

レジンにはエナメルのカーキと暗緑色を混ぜたものを主剤に混ぜておき、良く混ざったら硬化剤を入れてさらに良くかき混ぜました。
それを流し込んだのですが、、、
思ったよりも色が濃く下地に塗っていた陰影が死んでしまいました><
DSC_0659.jpg

2層目はかなり薄めに色を付けたものを流し少しだけ残しておいてそこにフラットアースを混ぜて崩れた岸壁の土が流れ出した風にしてみました。(この写真ではほぼわかりませんけどね)
DSC_0660.jpg

現在3層目を流して硬化待ち状態です。
3層目が硬化したらジェルメディウムで排水溝の水のまわりや浮かんでいる瓦礫のまわりなどに波をおこそうと思ってます。


今週末の濱オフに持って行けない状態ではないのですが、
もう少し手を加えてきちんと撮影など終わってから持って行くことにしたいので12月の回かな~。

でも、そろそろ「ずをコン」の機体も手を付けなければいけないので一旦保留しておこうかな・・・
モチベーションのあるうちに仕上げた方が良いですよね。

« »

11 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
アクセス
オンライン
現在の閲覧者数:
リンク
千葉しぼりイベント ずをコンthird G PARTS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。