きながに・・・MASAKI's模型

ガンプラメインに色んなプラモをのんびり作っていくのを不定期で公開します。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おっさん塗装

Category: ケッツァー  
塗ってみましたが、結構難しい・・・・
まず持っている面相筆では太い。
あとタミヤのエナメル塗料が思ったより色のブレンディングしてくれない。
ちょっと塗料も考えないといけないかもしれないです。

で、現状こんな感じ。
KT09.jpg

現役引退気味のおっさんの雰囲気にしてみたのですがどうでしょう?

他の人の作例見ていてもこのサイズのフィギュアに瞳とか描き込んでますがどうやってるんでしょう?
もっと細い筆を買ってみよう。

この写真は拡大できません。
大きくすると物凄いアラが見えますので・・・・

スポンサーサイト

おっさん

Category: ケッツァー  
ケッツァーは現在中に乗るおっさんの加工をしています。
キット付属のものは、でかいヘルメットに酸素マスクのようなものをしているため作業者としてはどうかと思うので首をハセガワのフィギュアセットAから持ってきました。
髭面のおっさんです。
KT06.jpg

胴体は襟元など少し抜きの関係で立体感のない部分をくりぬいて襟の厚みを作りました。

KT07.jpg

まだ少し厚いですがとりあえず今日はここまで。
上手く顔塗れるかな・・・・

ポストホビーのコンテスト結果は残念ながらホビージャパンに載ってなかったのでどうなっているのかわかりません。
1位しか載ってないので~。

さて、急ぎの仕事がそろそろ動き始めるので今後どの程度進められるかな~

やっちまったか?

Category: ケッツァー  
ケッツァーですが、すでにこんな状態まで塗り上げてしまいました。

KT04.jpg

KT05.jpg

しかし、見て頂ければわかると思いますが透明パーツが見事に曇りました。
エナメルで汚した際になんだか少し曇るなと思ってぺトロールでふき取ろうとしたら余計に曇りましたTT
前は曇ったことなかったので「?」って感じなのですが、さあどうして修正しようか・・・・
クリアで塗装すれば透明になるのか?それともコンパウンドでひたすら磨いた方がいいのか?
何かでテストしてからの方がいいかもしれない・・・・


それは置いといて、

今回の塗装ですが、前回ちょっと書いたようにミッドナイトブルーの下地はエアブラシでふきましたが、
黄橙色は筆塗りしました。ラッカーです。
超久しぶりにラッカーで広い面を筆塗りしたのでかなり苦労しました。


基本的に軍用のものを作業用に改造して自前でペンキを塗ったという感じでムラのある感じにわざとしてみました。
どちらにしろムラ無く塗るのは出来ないでしょうけど・・・

白いラインも筆塗りです。

基本色塗装後デカールを貼り半艶のトップコートでコーティング後一度目のウォッシングを行いました。
その後リューターで傷付けた後にもう一度ウォッシングして今の状態です。

窓の部分の曇りがクリアになったら次はパイロットの塗装です。
1/20のフィギュアを塗るのは初めてなのでどうなることやら・・・・

明日はホビージャパン発売日!ポストホビーに出したコンテストの結果発表が出ているはずですのでどうなっていることやら・・・入選してると良いな~。

そういえば上の娘、私立は合格でした~。
公立是非とも頑張ってもらわねば・・・

ケッツァー制作中

Category: ケッツァー  
今日は上の娘の高校受験の日です。
今日のは滑り止めの私立の受験なので本番はどちらかというとこの後なのですが、
無事合格する事を祈っております。

さて、現在制作中のケッツァーの状況ですが、基本的な工作が終わり、下地のテクスチャ付けの為にすこし薄くしたパテを筆塗りしています。
こんな感じです。
KT01.jpg

この上からベースになるミッドナイトブルーを塗ってから全体的に黄橙色を塗る予定です。

作業用のスーツとして運用されている機体として設定していますので、ちょっとフォークリフトやパワーショベルのような働く車的なイメージにしようかと。

で、工作に関しては大きな改修はしていませんが、左腕の武器の部分にウィンチが埋め込まれているという勝手な設定を付けてみました。
こんな感じです。

KT02.jpg

ちゃんと中にはワイヤーを巻きつけているので正面から見ればそれが少し見えるようにしています。
ウィンチ用のパーツは昔作っている途中で放置してあったキングタイガーのラジコンからパーツを流用しています。

KT03.jpg


今日は雨なのでカブってしまわないか心配ですがとにかく塗っていこうと思います。

中のパイロットに関しては大げさなヘルメットやマスクをしているので、別のキットから頭だけ持ってこようかと思案中です。



以前の日記で撮影環境知りたいとのコメントをもらいましたので少し紹介しておきます。
全体像はこんな感じです。
写真

写真2

ちょっと散らかっているのはご愛嬌。

基本的にライティングに使用している照明は、子供の学習デスクに付いていた蛍光灯のデスクライトと1枚目の写真の右上にトレーシングペーパーで包まれている熱帯魚用のライト(ちょっと青い光の蛍光管タイプ)それともう一灯デスクライトがあり、補助光として使用しています。

このままだと上からの光が強すぎるため手前にスチレンボードをレフ版代わりに置いたりして光を調節したり、上からの光でモデルの上面が飛びすぎるようならハイライトが入るあたりに光が当たらないように蛍光灯の光を少しさえぎったりしています。

背景紙は買おうと思っていますが、前回のグロフンの撮影の際は、写真に写っているモニターの画面の部分の黒を背景紙代わりに使用しています。このモニターに風景写真などを表示すれば簡易合成写真も撮影できます。

使用しているカメラはデジタル一眼のNIKON D5100でレンズはダブルズームキットとして購入した18-55mmのレンズと55-300mmの2種類ですが、割とアップにする場合は55-300mmのレンズで、普段の作業風景は18-55mmで撮影しています。

撮影する際は必ず三脚を使用しています。というのも全体的にピントを合わせるためにF値(絞り)を大きく設定しているためシャッタースピードがかなり遅くなるのでとても三脚なしでは取れないという理由からです。
ちなみにF22くらいに設定して撮影しているのですが、そうするとこの照明環境でもシャッタースピード13秒とかになってしまいます。手で持って撮影したらブレまくりです。

基本的には狭いスペースで、撮影していますのでかなり無理があります。
ジオラマになるとこの場所で撮影するのはちょっときついのですが、単体であれば何とか撮影できるという感じです。
参考になる部分があればよいのですが・・・・


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
アクセス
オンライン
現在の閲覧者数:
リンク
千葉しぼりイベント ずをコンthird G PARTS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。