きながに・・・MASAKI's模型

ガンプラメインに色んなプラモをのんびり作っていくのを不定期で公開します。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RRM展示会参加と火球とベース制作

Category: サンダーボルトジム  
この所イベント目白押しで告知ばかりですが・・・

11/2(日)に福島県の郡山アネックス熱海で開催されるRRM展示会に参加します。
私が展示する予定の作品は以下の3作品になります。
詳細はこちら
http://www.rrmjapan.jp/event/rrm2014/7th-info.html

「空爆の跡に -追うものと追われるもの-」
RGガンダムとシャア専用ザクを使用したニューヤークのジオラマ
A1

「RIAL BATTLE -STAB-」
旧キットタカラ1/35スナッピングタートルとブルーティッシュドッグを使用した
ジオラマ
IMG_8705.jpg

IMG_8706.jpg

「命の炎 -彼方からの一撃-」
サンダーボルトジムのジオラマ
I_FRONT.jpg

I_MIAGE.jpg

初めての参加ですのでいろいろと楽しみです。

RRMの皆さんよろしくお願いします!





で、新作「命の炎」の制作過程の続きはというと次は火球の制作工程から
まず100均で購入してきた料理用のボウルの内側に油粘土を敷き詰めて爆発の炎の流れを制作します。
IMG_8326.jpg

ここに以前制作したポリエステル樹脂を流し込みます。
実際に使用したのはこれ↓
http://www.frp-zone.com/SP800/shop.cgi?order=&class=0/4&keyword=&FF=0&price_sort=&mode=p_wide&id=144&superkey=1&popup=yes
と硬化剤はこれ↓
http://www.frp-zone.com/SP800/shop.cgi?order=&class=6/1&keyword=&FF=0&price_sort=&mode=p_wide&id=835&superkey=1&popup=yes
を使いボウルの中に投入
あとは固まるまでの間ボウルの中の油粘土の表面を満遍なく覆うようにボウルを傾けて垂れてこなくなるまで
ひたすらボウルをクルクルと・・・
夏場なら15分もすれば垂れてこなくなるので後は1~2日放置して完全硬化と臭いが抜けるのを待ちます。

固まったらボウルから外すのですが、当初粘土があるから掻き出せば抜けるだろうくらいに思っていたのですが
それほど掻き出すのは楽じゃないことに気が付いたのでボウルをリューターの丸鋸でカットしバリッと剥がしました。
IMG_8339.jpg


粘土をすべて剥がし終わった状態がコレ。(ちょっと残ってますが)
IMG_8340.jpg

それを綺麗に洗ってジムの配置する位置を確定させジムの胴体が埋まる部分をリューターで削って穴あけし、配置
手足は真鍮線で少し浮かせて配置しています。
IMG_8354.jpg

そこに蛍光オレンジを吹き付けて中央付近や部分的に蛍光イエローを吹き筆塗りで少し中央から外側に向けて
かすれた様な筆跡を書き込みました。
IMG_8357.jpg

後ろから光を当てるとこんな感じ。
いまひとつ立体感が弱い。
IMG_8366.jpg

そこでハードジェルメディウムを使って少しギザギザした感じの部分を追加することに。
写真の少し白い木工用ボンドみたいなところです。
乾くと透明になります。
IMG_8371.jpg

乾燥後全体に上からもう一度蛍光オレンジや蛍光イエローを吹き、
メリハリがなかったので換気扇フィルタを少しほぐしたものをあてがって斑になるようにつや消し黒を吹きました。
IMG_8376.jpg

IMG_8378.jpg

それでもなんか弱いのと中央の発光感がもっとほしかったのでツールクリーナーをバシャバシャと中央のあたりに塗り
蛍光色を中央から端に向かって拭取るように剥がし裏側の光源の光を通すように荒療治。
コレでかなり勢いが出て来ました。
IMG_8406.jpg

IMG_8400.jpg

ここまでは仮の光源を入れていたのでLEDをこのように配線しプラバンでベースを作って固定しました。(ベースの写真ありませんでした><)
中央のヒョロっと長いLEDはビーム用です。
IMG_8401.jpg

そのLEDをベニヤ板を箱組みで制作したベースに固定したのがこんな感じ。
固定は火球の上下左右4箇所に穴を開けてボルトでベニヤに固定です。
IMG_8411.jpg

あと手前の2箇所からブラックライトを使って蛍光色を発光させることで溶けた金属の雰囲気を出したかったので
ブラックライトのLEDの単品で一番明るそうなのを買って試してみたのですが思ったよりぜんぜん暗い。
ひとつ900円もしたのに・・・
それよりアマゾンで見つけた1つ700円程度のブラックライト懐中電灯のほうが明るかったので懐中電灯のLED部分だけを抜き出して配線をハンダづけしました。
この写真は手前のガスタンクの中に仕込んでいるところです。
もう片方は右側の上にあるビルの瓦礫のなかです。
IMG_8428.jpg

ベニヤのベースにホームセンターで買ってきた黒い粘着シートを貼り付けて黒い背景になるようにしました。
前回のサンボルザクの際はつや消し黒で塗ったのですが、木目が残ってしまったのが気になったので今回は改良版です。
IMG_8499.jpg

真上から見た感じです。
手前に2つブラックライトが見えると思います。
IMG_8596.jpg

後は下の面と奥の面に漂う瓦礫などを、直に付けたり0.28mmの黒いワイヤーで少し浮かして固定したりしながら浮遊感をつけて行きます。
奥の下にある小さいビルは先日購入したジオスクレーパーを使用しています。
IMG_8587.jpg

細かい星の感じを出すために固めの筆(歯ブラシでも可)につや消し白のエナメルを付けはじく様に塗料を飛ばして表現すれば、ほぼ完成状態です。
ベースの下と奥の面の側面に塩ビ製のL字の板を貼り付けてそこに黒のスチレンボードを挟み込めるようにしてあります。
IMG_8611.jpg

片側だけはさむ込むとこんな感じになります。
ALL.jpg

という事で完成です!
かなり駆け足なので不明点があればどんどんご質問ください。

制作過程は以上です!



日曜日RRM展示会でお会いできるのを楽しみにしています。


スポンサーサイト

千葉しぼり展示会とサンダーボルト版ジム

Category: サンダーボルトジム  
いよいよ一週間後に迫ってきました千葉しぼり展示会!

前回の記事でビッグガンのジオラマを展示するとお伝えしましたが
展示スペースの関係上今回は見送ることになりました。
楽しみにしていた方には申し訳ないのですが、ビッグガンのジオラマはトライアングルの展示会にて展示しますね。

という事で千葉しぼりの展示はこの2つで参加します。
01.jpg
DSC_0872.jpg









で、今まであまり新作の更新してませんでしたが実はサンダーボルトジムを使ったジオラマを制作していました。
本当はこの秋から年末にかけて行われる予定だったある展示会用にと、ある程度秘密で進めていたのですが
いろんな事情で開催日未定となってしまった為、公開してもいい事になってしまいましたので製作過程を公開していきます!


サンボルジムといえばこれ。
ちょっと原作よりサイズは小さいけどそのままだとかなり大きくなるのでNゲージ用のジオコレから使用しました。
s-IMG_8160.jpg

塗装はクロサフ→ヘアスプレー→オキサイドレッド→ヘアスプレー→グリーンで塗装を剥がしその後ウォッシングとチッピングや傷をリューターやヤスリなどでつけていってます。
s-IMG_8165.jpg

本体はというと大きな改修はせずにストレート組み。
足のバーニアとランドセルのバーニア内にメタルパーツの汎用ソケットを入れランドセルのバーニアはリューターで厚みを薄くしています。基本塗装は説明書に近い感じの色味に適当に調色。黄色部分はゴールドにしてみました。
この画像は汚しいれる前です。
s-IMG_8169.jpg


リューターやヤスリでチッピング入れた後にウォッシング(左側のみ)
全体に平坦だった面に情報量が増えます。
s-IMG_8313.jpg

同様に他のパーツもウォッシングしていきました。
s-IMG_8314.jpg

両足汚し終わった状態。
s-IMG_8315.jpg

盾はこんな感じに。
s-IMG_8316.jpg

全体組んでみるとこんな感じになりました。
s-IMG_8319.jpg

ちょっとアップで。
s-IMG_8321.jpg

本来ならコレでジムは完成といいたいところですが、、、



これらを使い
s-IMG_8337.jpg


こんな風になっちゃいました!!><
溶けた部分はスーパーアイアンを筆塗りしてあります。
s-IMG_8342.jpg

その上から蛍光レッドを広い範囲に塗りその内側に蛍光オレンジさらに内側に蛍光イエローをエアブラシで吹いていき
グラデーションにしました。
s-IMG_8349.jpg

盾もドロドロ状態に。
この後表面をつや消しブラックでドライブラシして表面の金属が冷えてきている感じを出していますが、
写真がなかった><
s-IMG_8343.jpg




このままだとちょっと弱いのですがコレにブラックライトを当てると。。。


こうなります。
s-IMG_8353.jpg

盾はこう。
s-IMG_8352.jpg

でどんなシーンにするのかというと、このシーン!
見事にビッグガンで打ち抜かれて爆発しているシーンです。
s-IMG_8341.jpg

という事で今回の記事ではここまで。
次回は火球の制作方法とその他ベースまで書きたいと思います。

25日会場でお会いできるのを楽しみにしています。


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
アクセス
オンライン
現在の閲覧者数:
リンク
千葉しぼりイベント ずをコンthird G PARTS
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。